読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョンソンのポケモン三昧

ポケモン関連のブログです。主にダブルバトルになります

グロリアLCQで対面ガルーラ構築にクロバットを採用した経緯

どーも、この前高校で0点とったことを記事にしたジョンソンです。Z会MADにはまってます。

 

さて、今回はちゃんとポケモンの記事です。

ぼくと同じパーティ(若干アレンジはされてますが)を使ってるTaGe君がクロバットの採用理由がよくわからないと前に言っていたのを思い出したのでなんとなーく書いとくかー的なノリで書きます。

 

まず、このクロバットとガルーラの並びの考察はXY時代からしていました。

その当時は当然過去作産が使えたので、当時考察していたことは

 

怒りの前歯➕親子愛地球投げでHP200以下のポケモンの人権を根こそぎ奪うというものすごく頭の悪そうな発想から始まりました。

しかし当時のぼくは地球投げガルーラを持っていないため、考察だけしてメンツまで考えましたが使うことはなく、そのままお蔵入りとなりました。

それからしばらくたち、WCS2015が終わり9月に連休ができたので久しぶりに東京に遊びに行くかーwwwと交通費だけで4万飛ぶ外出をすることにしました。そしてその時ちょうどバトルロードグローリアのラストチャレンジの日程と丸かぶりしました。初めは「あーそうかー。」程度に関心はほとんどなく、出る気もありませんでしたが、1週間前くらいに知り合いが出ようぜ!と誘ってきたため経験を積むために参加を決意しました。

その1週間の間でそれまでポケモンを1月ほどやってなかったので全力で感覚を取り戻すためにレートに潜りましたが、いつものガルーラ、ゲッコウガニンフィアボルトロスキリキザンファイアローで1900になんか乗ってしまい「あれ?ひょっとして今調子がいい?」となりこれはグロリアLCQ勝ちにいけるかも、となりました。

しかしそのレートに潜ってる間に問題が露呈してしまいました。

それは

対chalkに対する安定行動のなさでした。

一言にchalkと言ってもラストの枠になにが来るかで選出を変えなければならなかったりするので、少なくても初手はコレ!といったものを決めておきたかったです。ガルーラゲッコウガの初手でもある程度なんとかなるのですが、chalkと対をなすようになって一定数存在していたサナバレルも考慮していくと、1試合毎に精神的に追い詰められそうで予選抜けられるかどうかわからかったので、なるべくガルーラゲッコウガの出し方はしたくないなと感じ始めました。

仕事中の少し空いた時間で自分のパーティのメンツを見直して、一番役割が薄いのはボルトロスという結論に至り、ボルトロスを何かに変えることにしました。

ズルズキンランドロスなど対chalk性能を重視して考えましたが、それらはサナバレルに対して強いのか?という問題に直面し、そうこうしてるうちにLCQ前日になりました。

正直、もうほとんどお手上げ状態でした。対chalkにも、対サナバレルにも、ついでに対トリックルームにも強くしたい。こんな欲張りができないのかと諦めかけました。しかしそんな時でした。仕事中なんとなくガルーラのダメージ量を思い出していた時に

「あれ、ガルーラの恩返しって普通に等倍なら100以上ダメージ出てね?」

ふと、そんなことを思いました。そこでXY時代に考察したクロバットを思い出します。

クロバットの追い風で対天候に対してもある程度強くなれ、相手の追い風に対して無防備になることもなく、挑発を持たせることでトリックルームモロバレルにもある程度ごまかしがきくようになり、怒りの前歯を入れればガルーラの恩返しやファイアローのハチマキブレイブバードの圏内に入れられるのではと思い、時間もなかったためとりあえずクロバットを採用する方向となりました。

そして、その夜夜行バスで東京に向かう途中にズバットを厳選し、なかなか理想個体が来なくて気がついたら2時になっており臆病個体のくせしてC抜け5Vが来てたので仕方なくそれを採用し寝ることにしました。

翌朝、東京に着いたと同時にマックを探し求め歩き回ってマックで食事を取りがてら育成をし、会場に行くかーと電車に乗った時「あれ、ガルーラのなつきあげてなくね?」となり確認したらやはり懐いていませんでした。ナンテコッタ

それから急いでなつきをあげましたが間に合わず、仕方がないのでハートのウロコを使って遺伝してた捨て身タックルを思い出させて使うことにしました。本当ならHPを温存したかったんですけどね。

 

そんなこんなで迎えた予選。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むちゃくちゃクロバットが刺さってた

それはもう「これ、ガルーラクロバットで追い風してウェイウェイしてれば完封できるんじゃね?」くらいに。

そして意外な発見でしたが僕のパーティが案外追い風とシナジーがあっていたことでした。追い風はターン数が短いため、すぐにアドバンテージがなくなるものですが、パーティ単位のS設定がだいぶ早かったために追い風が切れても裏からスカーフゲッコウガ投げたりファイアロー投げたりで、実質追い風はガルーラとニンフィアのためだけに貼っているようなもんでした。

なんか知らんが予選抜けてしまい、自分も初めて予選抜けしたオフがこんなレベル高いオフだとか場違い感すげぇ…って一人でビクビクしてました。Twitterではいろんな人が「ジョンソン抜けてるとか草」「ジョンソン抜けてるってマジ?」とかのツイートが見られましたが正直一番自分が驚いてたのでぶっちゃけ気にしてなかったです。ちらほらと応援してくれてる人もいたのでその人たちのために本戦も悔いのないように戦おう、ときめやれるだけのことはやろうと思いました。

まぁ本戦1回戦ではやと★さん引いてしまいすぐに絶望してしまうんですけどね。

「こんなの絶対無理やん…」

って思いながら選出画面見た僕

「あれ、このパーティなら割とイケるぞ?」

メタ対象にしてたパーティが到来し勝てるかもとやる気になり、ガルーラとクロバットでなんやかんやあって勝ちました。次やったら勝てるかと聞かれたら絶対無理だけど。かなり辛い試合した。

その次の2回戦もメタ対象のchalkが来て変なことしなけりゃ勝てるなと思ってましたが、変なことをしてしまいプレミで負けたのでまだまだでしたね。

まぁ、経験を積むという目的は達成できたので自分の中では満足な初グロリア予選でした。

後半はまだ書いてなかったグロリアのオフレポみたいになったけど何が言いたいかというと

 

ガルーラとクロバットを並べられたら受け回ししようなんて思わないほうがいいよ

 

これだけです。

交換すればするほどそちらのポケモンが不利になるだけっていうなんだそれっていう状況がよく起こってたのでこの並び自体はガルーラの一種の答えだと思ってます。

とりあえずここら辺で。次のシーズンでORAS、第6世代のレートが終わるので悔いのないシーズンにしましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。