読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジョンソンのポケモン三昧

ポケモン関連のブログです。主にダブルバトルになります

これからダブルを始める方、ダブルバトルやっててもなかなか勝てない時はどうすべきか

こんにちわ、ジョンソンです。最近は構築記事も手抜き感満載なので、ここらでダブルバトルがどういったものなのかを自分なりに書いていきたいとおもいます。

パーティ構築について

まずダブルを始める人はどんなパーティがいいのか、と悩むかとおもいます。
ダブルバトルに置いてパーティの構築は大きく分けてスタン構築トリックルーム構築追い風構築天候構築ロック系構築の5つがあります。ロック系構築についてはトリックルームや追い風のギミックを持ってることが多いためカウントしていいのか迷いましたが、滅びパーティなどの多くがこのロック系構築に入るのでカウントしました。それでは細かく説明していきましょう。
スタン構築
よく見る構築です。ガルーラニンフィアサーナイトゴウカザルなどの並びを含みます。この構築の特徴として「メガシンカポケモン」とその隣にくるポケモンの技範囲が広く、火力が高いことです。代表的な例としてガルーラニンフィアをあげると、この2体を受け切れるのはギルガルドナットレイメタグロスなど鋼タイプのポケモンになってきます。他にもいろいろいるのですが、いずれにしても範囲が広く、ガルーラニンフィアも火力が高いためかなりの圧力がかかります。こういったスタン構築はビートダウンを非常に狙いやすくするために「サポート」を入れるか、はたまた6体全部を「アタッカー」で固めるかのどちらかです。スタン構築のほとんどは追い風ギミック、トリルギミックも含まれます。特にトリルギミックを積んだものはスイッチトリルとも呼ばれるのでより柔軟な戦い方ができます。
このスタン構築の代表的なパーティ例は
ガルーラニンフィアクレセリアヒードランモロバレルランドロスのようなスイッチトリルのものです。どちらもS操作ができるため相手に合わせて自分に有利な状況を作りやすいのが特徴です。なので初心者でも高種族値で固まったこの構築は使いやすいでしょう。
ただし、スイッチトリルの場合はトリックルームのタイミングを間違えると一気に負けるので注意が必要です。
2つ目にトリックルーム構築です。先程スイッチトリルについては書きましたが、これはそれとは違い「トリルを始動させてからが試合開始」のガチトリックルーム構築です。
全体的に鈍足のアタッカーや、多くがモロバレルを採用しています。この構築の強みは「S種族値が低い分他のステータスが高いポケモン」で無双できることです。Sが遅いだけで他のステータスが優秀なポケモンが活躍できる構築なので、ガチトリックルームは見せ合いでわかるのですが、全体的に耐久が高いので、中途半端なビートダウン構築では勝てないでしょう。
この構築は日本人はあまり好んで使う人は少ないですが、それでもレートの上位では何人か見かけるため、決して弱い構築ではないです。ただ、この構築は遅いポケモンが多いため、上から殴られるトリックルームを貼るタイミング、トリックルームが切れた後に弱いことが厳しいところです。特にトリックルーム始動しようとしたらランドロスの岩雪崩でひるんで▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわああああああなんてことは良くあることです。なのでそういった運負けはつきものになるので菩薩の心を持ちましょう。
クレセリアガルーラヒードラン(シュバルゴ)、ドサイドンモロバレルニンフィアみたいな形が一番多いのではないでしょうか?
追い風構築
トリックルーム構築と同じように「追い風してからが試合開始」の追い風軸構築です。
トリックルームとの差別化は「トリックルームと違い追い風の優先度がない」ことと「トリルよりも1ターン短い」ということです。このパーティの場合は中速のポケモンで固めることがおおく、それなりに器用なポケモンが多いことです。ただ、この追い風を確実に貼ってから行動をするパーティは少なく、ほとんどはギミックとしてスタン構築に組み込まれることが多いです。XY終盤にクロバットメガガブリアスバンギラスのような追い風構築を何回か見かけました。この構築の強みはS操作の成功率が高いことがあげられます。トリックルーム構築にも言えることですが、追い風(トリックルーム構築の場合はトリックルーム)を貼れないと負けることと、不意打ちやファイアローの先制ブレバに弱くなりやすい事です。
メンツとしてはほとんどスタンに近いですが、ガルーラニンフィアクロバットヒードランモロバレル@1のような形になるかと思います。この場合のモロバレルはSに振ってる事もあるので頭に入れておかないとパーティがめちゃくちゃ眠らされます。
天候構築
この構築は天候をとる事で真価を発揮するタイプの構築で、スタン構築にめっぽう強いのが特徴です。ビートダウンを狙うような攻撃的な構築がほとんどです。主に雨パーティ、砂パーティ、晴れパーティの3つが現在のダブルバトルにおいて多いです。

雨パーティ
トノルンパを軸にしたパーティがほとんどで、水タイプ特有の広範囲にわたり等倍以上の技で責められることです。また雨パーティに見せかけた滅びパーティなどもいるので見極めが非常に難しいです。

晴れパーティ
このパーティはほとんどメガリザードンYでメガ枠が固定されています。リザードン葉緑素フシギバナで誓いであったり、フシギバナでねむりごなしながらリザードンで熱風を打ち圧力をかけていくのほぼ2択になります。
誓いの場合、リザードンからの圧力が半端なく、ガルーラが普通に飛びます。ただ誓いの時は守るを考慮して行動しなければ相手に巻き返されるのでそこの読みも重要になってきます。
フシギバナでねむりごなしながら熱風の場合はどちらかが守っても必ずどちらかが攻撃を受けるため、交換もしにくく、安定して相手に圧力をかけて行けるため強いです。

砂パーティ
バンドリュマンダが最近流行ってます。スタン構築では非常にやりにくい相手です。例えスイッチトリルを組み込んでいても岩雪崩がほぼメインウェポンとなってるので怯まされたらもう上から殴られ続けておしまいです。やはり岩雪崩はダブルバトル最強技ですね。そして忘れた頃のバレルとボーマンダによる怒りの粉と龍の舞で試合終了ということが良くあります。

おまけで霰パーティ
ほとんど姿が見えない霰パーティ。主な並びはユキノオーゲッコウガフロストロトムユキノオーグレイシアです。安定して吹雪を当てられるだけで強い構築ですが、他の構築よりもメジャータイプの技が刺さるため使いにくいです。しかし極めればレートは上がります。(極められるとは言ってない)

天候構築の弱点に関しては総じて追い風、トリックルームなどに弱いことがあげられます。また、同じく天候構築同士の戦いでは天候の取り合いで非常に読みあいが難しいので天候構築同士のマッチングは腕の見せ所なのでやっていて楽しいです。

ロック構築
影踏みで場を固めながら相手を衰弱させ、じわじわと追い込んでいく性格の悪い構築です。
影踏みを使うのでほとんどがメガゲンガーゴチルゼルが入り、滅びの歌をすることが多いですが、稀にガードシェアして相手をつませていく感じのもあります。エルフーンゲンガーメレシーラッキーといった並びがXYの時に流行ったのは覚えてる人もいるでしょう。
この構築は初心者が使うにはあまりにもプレイングで左右されるのでオススメはできませんが、使いこなせればそうそう負けるような構築ではないです。相手が嫌がることをとことんやってニヤニヤする性格の悪い人にはオススメです()

いかがでしたでしょうか。大きく分けて5つの構築をどんなものか説明しましたが、参考になったでしょうか。人によってはスタン構築しか使えない!やトリルしかつかえねぇ…みたいな人がいると思います。僕はガルーラスタンしか使えませんし、今のパーティも2シーズン何も変更していません。それでも安定して勝てています。皆さんもいろいろな構築を試して、自分に合った構築を探してみてはどうでしょう?それではこの辺で今回の構築についての記事を終わらせていただきます。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

































現在
f:id:jhonson63920:20150622203137p:image
∩(´;ヮ;`)∩ンヒィィィィィ
勝率これ以上あげられないよぉ!!