ジョンソンのポケモン三昧

ポケモン関連のブログです。主にダブルバトルになります

グロリアLCQで対面ガルーラ構築にクロバットを採用した経緯

どーも、この前高校で0点とったことを記事にしたジョンソンです。Z会MADにはまってます。

 

さて、今回はちゃんとポケモンの記事です。

ぼくと同じパーティ(若干アレンジはされてますが)を使ってるTaGe君がクロバットの採用理由がよくわからないと前に言っていたのを思い出したのでなんとなーく書いとくかー的なノリで書きます。

 

まず、このクロバットとガルーラの並びの考察はXY時代からしていました。

その当時は当然過去作産が使えたので、当時考察していたことは

 

怒りの前歯➕親子愛地球投げでHP200以下のポケモンの人権を根こそぎ奪うというものすごく頭の悪そうな発想から始まりました。

しかし当時のぼくは地球投げガルーラを持っていないため、考察だけしてメンツまで考えましたが使うことはなく、そのままお蔵入りとなりました。

それからしばらくたち、WCS2015が終わり9月に連休ができたので久しぶりに東京に遊びに行くかーwwwと交通費だけで4万飛ぶ外出をすることにしました。そしてその時ちょうどバトルロードグローリアのラストチャレンジの日程と丸かぶりしました。初めは「あーそうかー。」程度に関心はほとんどなく、出る気もありませんでしたが、1週間前くらいに知り合いが出ようぜ!と誘ってきたため経験を積むために参加を決意しました。

その1週間の間でそれまでポケモンを1月ほどやってなかったので全力で感覚を取り戻すためにレートに潜りましたが、いつものガルーラ、ゲッコウガニンフィアボルトロスキリキザンファイアローで1900になんか乗ってしまい「あれ?ひょっとして今調子がいい?」となりこれはグロリアLCQ勝ちにいけるかも、となりました。

しかしそのレートに潜ってる間に問題が露呈してしまいました。

それは

対chalkに対する安定行動のなさでした。

一言にchalkと言ってもラストの枠になにが来るかで選出を変えなければならなかったりするので、少なくても初手はコレ!といったものを決めておきたかったです。ガルーラゲッコウガの初手でもある程度なんとかなるのですが、chalkと対をなすようになって一定数存在していたサナバレルも考慮していくと、1試合毎に精神的に追い詰められそうで予選抜けられるかどうかわからかったので、なるべくガルーラゲッコウガの出し方はしたくないなと感じ始めました。

仕事中の少し空いた時間で自分のパーティのメンツを見直して、一番役割が薄いのはボルトロスという結論に至り、ボルトロスを何かに変えることにしました。

ズルズキンランドロスなど対chalk性能を重視して考えましたが、それらはサナバレルに対して強いのか?という問題に直面し、そうこうしてるうちにLCQ前日になりました。

正直、もうほとんどお手上げ状態でした。対chalkにも、対サナバレルにも、ついでに対トリックルームにも強くしたい。こんな欲張りができないのかと諦めかけました。しかしそんな時でした。仕事中なんとなくガルーラのダメージ量を思い出していた時に

「あれ、ガルーラの恩返しって普通に等倍なら100以上ダメージ出てね?」

ふと、そんなことを思いました。そこでXY時代に考察したクロバットを思い出します。

クロバットの追い風で対天候に対してもある程度強くなれ、相手の追い風に対して無防備になることもなく、挑発を持たせることでトリックルームモロバレルにもある程度ごまかしがきくようになり、怒りの前歯を入れればガルーラの恩返しやファイアローのハチマキブレイブバードの圏内に入れられるのではと思い、時間もなかったためとりあえずクロバットを採用する方向となりました。

そして、その夜夜行バスで東京に向かう途中にズバットを厳選し、なかなか理想個体が来なくて気がついたら2時になっており臆病個体のくせしてC抜け5Vが来てたので仕方なくそれを採用し寝ることにしました。

翌朝、東京に着いたと同時にマックを探し求め歩き回ってマックで食事を取りがてら育成をし、会場に行くかーと電車に乗った時「あれ、ガルーラのなつきあげてなくね?」となり確認したらやはり懐いていませんでした。ナンテコッタ

それから急いでなつきをあげましたが間に合わず、仕方がないのでハートのウロコを使って遺伝してた捨て身タックルを思い出させて使うことにしました。本当ならHPを温存したかったんですけどね。

 

そんなこんなで迎えた予選。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むちゃくちゃクロバットが刺さってた

それはもう「これ、ガルーラクロバットで追い風してウェイウェイしてれば完封できるんじゃね?」くらいに。

そして意外な発見でしたが僕のパーティが案外追い風とシナジーがあっていたことでした。追い風はターン数が短いため、すぐにアドバンテージがなくなるものですが、パーティ単位のS設定がだいぶ早かったために追い風が切れても裏からスカーフゲッコウガ投げたりファイアロー投げたりで、実質追い風はガルーラとニンフィアのためだけに貼っているようなもんでした。

なんか知らんが予選抜けてしまい、自分も初めて予選抜けしたオフがこんなレベル高いオフだとか場違い感すげぇ…って一人でビクビクしてました。Twitterではいろんな人が「ジョンソン抜けてるとか草」「ジョンソン抜けてるってマジ?」とかのツイートが見られましたが正直一番自分が驚いてたのでぶっちゃけ気にしてなかったです。ちらほらと応援してくれてる人もいたのでその人たちのために本戦も悔いのないように戦おう、ときめやれるだけのことはやろうと思いました。

まぁ本戦1回戦ではやと★さん引いてしまいすぐに絶望してしまうんですけどね。

「こんなの絶対無理やん…」

って思いながら選出画面見た僕

「あれ、このパーティなら割とイケるぞ?」

メタ対象にしてたパーティが到来し勝てるかもとやる気になり、ガルーラとクロバットでなんやかんやあって勝ちました。次やったら勝てるかと聞かれたら絶対無理だけど。かなり辛い試合した。

その次の2回戦もメタ対象のchalkが来て変なことしなけりゃ勝てるなと思ってましたが、変なことをしてしまいプレミで負けたのでまだまだでしたね。

まぁ、経験を積むという目的は達成できたので自分の中では満足な初グロリア予選でした。

後半はまだ書いてなかったグロリアのオフレポみたいになったけど何が言いたいかというと

 

ガルーラとクロバットを並べられたら受け回ししようなんて思わないほうがいいよ

 

これだけです。

交換すればするほどそちらのポケモンが不利になるだけっていうなんだそれっていう状況がよく起こってたのでこの並び自体はガルーラの一種の答えだと思ってます。

とりあえずここら辺で。次のシーズンでORAS、第6世代のレートが終わるので悔いのないシーズンにしましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。

高校1年のときに0点を取った話

どうもジョンソンです。今回はポケモンと全く関係がなくタイトル通り高校時代に0点を取ってしまった話です。未だに0点にされた理由が納得いかないので記事にすることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0点を取ったのは高校入学してすぐ、夏休み前の1学期期末テストでした。

僕が入学した高校は普通科ではなく、工業高校の機械科でした。普通科の方は何を学んでるのかイマイチイメージがつかないと思います。ぼんやりと機械のことを学んでるのかなーと。実際そうなんですけど、僕らが学んだことは機械の作り方ではなく機械を使ってものをつくる方法でした。

例えば金属を溶かして型に流してつくる鋳物、これはどこにでもあります。みなさんが利用してる車や日常雑貨などいたるところに見られますね。ちなみに僕の専門は機械旋盤というもので、これは加工したいものを回転する台(チャックと呼ばれるもの)に固定し回転させ、そこにバイトと呼ばれる刃物を当ててものを削るものです。どれくらいの速さで回転させるのかというと、だいたい荒削り(一番初めに削るとき。だいたいの形決めのこと)が毎秒550回転、仕上げ削り(その名の通り荒削りのあとを綺麗に仕上げること)が毎秒1020回転から1800回転ほどです。回転数見ただけでも危険なことだと思う人もいるかと思いますが、この機械旋盤は事故により人が亡くなってしまったり指がなくなったりすることが常に起こりえます。過去に僕の学校であったことは回転中の機械に巻き込まれて顔が抉られた事故、指がなくなる事故や固定する台にしっかり固定されず、鉄の塊がものすごい速さで吹っ飛んであわや大惨事というようなことがありました。僕らの世代は幸いにもそのようなことはなかったんですけどね。ちなみにこの機械旋盤ですけど、国の定めた試験が存在し、筆記試験と実技試験を受けて合格すれば国から認められた国家資格を取得することができます。僕も3級普通機械旋盤と、これとは別のテクニカルイラストレーションという今回0点を取ったテストと関わる機械製図の3級を持ってます。

これがその証拠のバッジになります。

f:id:jhonson63920:20160718212156j:image

 

ちなみに機械旋盤の合格基準は実技試験での作ったものが、図面で指定された寸法の±0.5ミリ以下、一部では-0.1〜0.05ミリと指定されているところもあります。なぜそういう指定があるかというと蓋と本体みたいに作ったもの同士を嵌め込むので、その範囲に収まってないとぴったりとはまらず、はめられてもガタガタするからです。まぁ、合格率70パーセントだったかな?と思うので6ヶ月練習すれば誰でも取れます。多分(僕の受けたときは10人受けて合格は5人でした)

 

 

それはさておき

 

 

0点取った話です。

先ほどもチラッと出てきましたが、僕が0点取ったテストは機械製図というものです。

機械製図というのはどういうものかというと、加工するためには図面が必要になります。それを作成するための基本知識を身につけるための授業です。具体的にどんなことしてるのかというと、立体的なものを横から見た場合や上から見た場合、前から見た場合の見え方を図に表すということです。その逆に前、横、上から見た図を立体的な図に直すということもあります。テクニカルイラストレーションという資格は後者の方の資格ですね。

f:id:jhonson63920:20160718213206j:imagef:id:jhonson63920:20160718213212j:image

この例で出した画像は簡単すぎて秒でやれますがまぁわかりやすいでしょう。高1のときにやってたことはこの右側のものを左側の図のようにすることでした。

こんなんでどうやって0点取ったの?って思ってる方もいるでしょう。

 

 

安心してください。僕も全くわからないです。

 

 

ではなぜ0点になったのか、当時教科担任から言われたことがこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「だって紙の向きが違うから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

????

よく理解ができない。

というのもこのテスト、期末テストの割にクッソテキトーだったのである。

試験の内容は

 

問題となる図を書いた紙を渡される。

何も書いてない白紙(サイズはA4)を渡される。

問題となる図の上、横、前から見た図を白紙に書く

 

このような内容だった。

はて、どこが問題だったのか?

 

そしてそのあと言われたこと。

「いや、だって君だけがクラスの中で短い方が上向きになってたんだもん」

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

 

 

まさにこれとしか言いようがない。

機械科は5教科以外に機械的な専門授業があり製図もその1つなのだが、中間、期末の両方でテストがある教科とない教科がある。この製図は中間はなく、期末のみだった。つまりどういうことかというと、期末のみのテストなので、がっつり1学期の評価に影響してしまう。そのため後にも先にも製図で2をもらったのはこの1学期のみで、この教科担任から変わった2年からは4〜5だった。

そんなこと言うんなら解答欄くらい作れやクソジジイって漏らしてしまいめっちゃ怒られました。でもそれを言ってしまうのも無理はないと思います。

だって、夏休みに入って、部活も休みで、クーラーのある部屋でグータラしてたらいきなりてめーから電話かかってきて補習だぁ?そんなこと終業式前に言ってなかっただろーが。ふざけんなや死ね。

しかも、僕の学校は3年の夏までクーラーはおろか、扇風機すら教室になかったTHE 体育会系な学校だったので40度近い教室で延々と説教されるとかやってられるかってなりましたね、ただでさえ今は楽しくポケモンして騒いでいますがその頃からのリア友曰く「高1のときのお前は常に目つきが殺人犯のそれで、口を開けば死ねとか殺すとかの物騒なことしか言わなかった」らしい。あんま覚えてないけど確かに荒れてたことは覚えてる。

 

 

まぁここまで長々と書いたけど、何が言いたいかというと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭のわいた定年間近の老害クソジジイ死ね

 

 

 

 

 

追伸:僕は機械科でものづくりを学びました。決して普通科が学ばないことばかりです。ただ、どうにも一部の方は機械科のことを見下してる節があります。確かに最近は機械での自動加工や人件費の安い海外に工場を構えて生産したりしてますが、新しくものを生み出すのは僕たち専門知識を持ったエンジニアです。そのことに僕たちは誇りを持っていますし馬鹿にされたらお前らが日常で何気なく使ってるものは俺たちの(直接ではないが)先輩が苦労して考え、創り出したものなんだぞと言いたいです。ポケモンなんかでもよくキレてDS壊したりしてる人を見かけますが、僕たちエンジニアからしたらちょっぴり悲しくなります。楽しんでもらいたくて作ってるのに、ストレスをぶつけられるという事実は確かにポケモンというゲームをやってる以上仕方のないことかもしれませんが、ものに当たるのはやめて、長く使い続けてください。そうしてくれると報われる気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、今は食品工場に勤めて機械加工なんか一切してない自称エンジニアからの言葉でした。

 

最後で説得力なくなったね。でもぼくも準伝厳選で台パンするから仕方ない

 

 

JCSで使わなかったがオフなとで使ってきたよくわからない奴ら


第9回あいオフ
北川内オフ    ベスト8
大正義オフで使用

ゲッコウガ@達人の帯
f:id:jhonson63920:20160503111447j:image
守る/草結び/けたぐり/冷凍ビーム
オーガレックを使っていた時に採用していた。対オーガレックのミラー時、ディアルガ入りなどの構築に選出。しばらくレートでも使ったが当初からの火力不足が問題となりそのまま構築から抜けることに。技範囲が広いだけで一発技を打ったら退場なのはちょっと扱いが難しかった。








第10回あいオフ ベスト16
で使用

マニューラ@王者の印
f:id:jhonson63920:20160503111946j:image
猫騙し/投げつける/つららおとし/フェイント(後にはたきおとす)
猫騙しと王者の印投げつけるで二回怯ませることを目的とした。オーガレックのお供としてカイオーガがより多く潮吹きが打てるようにとの考えからこの技構成に。火力アイテムがなくてもそこそこ火力が出ており良かったが、フェイントにしていた時は技範囲が狭くて困っていたので思い切ってフェイントを切った。


春風杯 ベスト16 
で使用

メタモン@こだわりスカーフ
f:id:jhonson63920:20160503112528j:image
へんしん
オーガレック使っててレックウザが非常に弱く感じたのでそれをごまかすために入れた。まあまあ強かったがグラードンミラーになった時に断崖、大地共に絶対耐えないのでグラードンにはある程度のダメージを必要とした。しばらく使っていたがJCSの初日の夜にパーティを組んだ時に抜けた。


ボルトロス@達人の帯
f:id:jhonson63920:20160503112849p:image
電磁波/ワイルドボルト/馬鹿力/守る(後に挑発)
陽気AS。ゲッコウガと入れ替わりで採用していた。当初はあまり読まれない物理型ということで何回も初見殺しが出来たが少しづつ読まれるようになってきて選出の機会も減ったので構築から抜けた。






オーガレック使ってて結局レックウザゼルネアスに変わってメンツもガラリと変わったので新構築には食い込めなかった者たち。
これも全部レックウザが微妙なのが悪い()

JCSお疲れ様でした。使用構築晒します

皆さんお久しぶりです。構築を細かく紹介するのはおそらく全国ダブルのグロリアLCQ以来かと思います。VGC2016の節目でもあるJCSが先日終了し、無事に最終日爆死致したので公開します。
f:id:jhonson63920:20160502223737j:imagef:id:jhonson63920:20160502223758j:imagef:id:jhonson63920:20160502223742j:image
メンツはこの通り、オーガゼルネです。

個体詳細

陽気最速。猫騙しを打てて単体火力に秀でており、ある程度の耐久、技範囲が非常に優秀。またSラインも多くの伝説を相手にできる100族ということで採用。基本先陣を切ってもらう突撃隊長だが、猫騙しのおかげで初ターンにはサポートも行える。

臆病最速。このVGC2016で一番ヘイトを集めた主人。ダークホールこのゆびとまれなどの他ムラっ気による有利としか言いようのない運ゲーをしていく。調子の良かった時はこいつとガルーラだけで相手が全ていなくなるというこれGSルールだよな?と疑いたくなるような試合展開に。クロバットと一緒に初手で出すことで相手が面白いほどにスカーフドーブルを警戒してくれたので追い風した後でダクホを打って優位な展開に持ち込めた。15-2まで行き全国が少し見えるところまで連れてきてくれた立役者。命中、素早さ、回避しかほとんど上がらず強い時しかなかった。

のんき最遅で陽気ガルの捨て身耐えまでBに振ったキノコ。申し訳程度のトリックルームに対するコマ。あまり選出率は高くはなかったが出せた試合では何かとお世話になった。メンタルハーブを持つことでゼルネアスを1度多く守ることができた。ほうしなのはワンチャンを残すため。

臆病最速。H振り。なかなかの耐久に怒りの前歯という重要な技を持つ優秀なサポートポケモン。じつはこのパーティでナットレイに負けたことは一度のみなのはこいつのおかげ。挑発ないのはきつかったが、黒い霧はよくクロバットの前で積んでくる舐め腐ったゼルネアスの処理に役立った。あとグロウパンチしてきたガルーラ黒い霧で火力を元に戻せるのも強かった。

臆病最速。メインロムの方はこんげんのはどうでなく熱湯だったが、サブの方は変更するのを忘れてしまいそのままこんげんのはどうで試合を消化した。臆病の最速なのは、足の遅いカイオーガはうまく使えず、かといってグラードンも扱いが下手だったために最速を続けて使った。グラードンもゴリ押しでどうにかしてしまうこともあり最速個体にしたのは間違ってはいなかった。GSルールはこのポケモンと心中しようとオーガレックを使った時に誓ったので使い続けてたがいい夢を見れた。

臆病最速、メガレックの球ガリョウテンセイ耐えの有名な調整のゼルネアスガルーラの前でも強引にジオコントロールしていく。メタが進んでおり扱いがなかなかピーキーなところがあったがそれでもジオコントロールができる場面を作りやすい構築だったのでほぼ毎試合出せた。積めた試合はほぼ負けない。

物理グラードンがキツすぎる欠陥構築な割にはグラードンにまぁまぁ勝ててた意味がわからない構築。そしてナットレイどうするんだという意見も出てくるオーガゼルネでなぜかナットレイにほとんど負けなかった。

基本選出

初手でドーブルニードルガードしながら追い風をし、安全にダークホールを打ってからゼルネアスにバック、ジオコントロールする選出。主にアローや鋼、エルフーンクロバットなど悪戯心、足の速い挑発持ちのいない構築に対しての選出。初手の制圧力が低いため一度交換を挟み最速起きのリスクを伴ってしまうがゼルネの耐久かわりかし安心できるものだったので積極的に狙っていけた。また、多くの人がなぜかクロバットをスルーしてくれるので追い風を再度展開することも多く、ゼルネを失ってもカイオーガで試合を運べることも多くあった。ナットレイに対しても怒りの前歯2回でダブルダメージフルパワーの潮吹きの圏内に入るのでそんなに苦労した覚えはないです。(一度こんげんのはどうを打たざるを得なかった場面で外したくらい)

対BIG6

ガルーラファイアローガルーラドーブルドーブルゼルネアスボーマンダゼルネアスのどの初手でも何か一つは対抗手段を持てるようにとの初手のクロバットガルーラボーマンダが来た際は黒い霧でこちらのガルーラの威嚇を解除するなどの使い方もあった。クロバットがラムを持っているためスカーフドーブルにも対応できるが、スカーフドーブル+横取りファイアローで追い風を取られた時は泣きたくなった。横取りはいつもよぎるがその並びでそれしてくるとは全く想定していなかったのでかなりのキツさがあった。やはりBIG6は対応力や扱う人によって違う一面を持っているので厳しいものがあった。あと物理グラードンがオーガゼルネにとってきついのは皆さんも知っていると思いますが、うまいことグラードンを誘い出してカイオーガで天候を取らなければ勝ち目はないので非常に神経をすり減らす相手でした。

対グラカイスイッチトリル


マッチングした瞬間に諦めモードになる。特にナットレイドータクンがいるとなおさら。グラードンがこないことを祈りつつカイオーガで潮吹きしてダメージを稼ぐしか勝ち筋がほぼないと言ってもいい。モロバレルのおかげでわりかしなんとかなっていたのはよくわからなかったが、なぜ勝てたのか未だにわかってない試合もチラホラある。

対オーガレック


苦手な構築だが、自身が使っていた経験があるため相手のとる行動をピンポイントで読んでなんとか勝てていた。レックウザが来た場合はゼルネを守らせつつ、追い風を展開。次のターン怒りの前歯でレックウザのタスキを潰してマジカルシャインを打つ。カイオーガの場合怒りの前歯とジオコントロールをするが、どちらも隣次第なところはあるのでその場その場のひらめき。



今年でジャパンカップは3度目でした。一番初めに参加したVGC2014はまだ初めて半年も経っていない頃での参加だったので、今見てもプレイングがかなりお粗末で見るに堪えないです。去年はボーダーラインに手が届きかけており、そこからの連敗で爆死。今年はそもそもルールが俺には難しいものだったので初めから予選を抜ける抜けられないのレベルにいないことはわかっていたのですが、いざやってみたらなぜかボーダーラインに手が届きかけていました。ですが去年も今年も、あと少しのところで勝ちきれないというなんとも悔しい結果に終わってしまい、来年は新作が発売したあとの新環境なので抜けられるように集中力を鍛えていきたいと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

















ゲッコウガがいない?
いやだって、このルールだと微妙すぎて扱いにくかったんですもん…

第10回あいオフ ベスト16

第10回あいオフに参加してきました。第1回から2年という記念すべき大会で参加者もレベルが高いなあと思いました。
予選グループはこんな感じでした。f:id:jhonson63920:20160409160621j:image
予選4-2で3位で、その他のグループの3位との勝率によって、3位の中から4人が抜けるというものでした。僕はたまたま人数が少ないグループだったので、他のグループ3位の4-3の人たちとは違い、4-2と少し勝率が高かったので抜けることができました。運勝ちです。

ちなみに予選グループでドーブルを選出した試合は回避上昇と素早上昇しか引かず、強かったです。相手が追い風してる中素早さを4段階あげたのは最強でした。

構築は
オーガレック〜不穏を添えて〜
f:id:jhonson63920:20160409161034j:image

今回は前日の仕事中に思いつき、一度も試運転せずに予選に行くというよくわかんない状態でやりましたが、クロバの個体ミスやら何やらがあって予選の1試合で個体ミスがなければ勝ってたという試合があり非常に悔しいです。
負けた相手はクルーズさん、てんしさんのこのグループの有力候補でどちらかに勝ってればよかったなと思います。ちなみにこれ書いてるのオフ会の決勝トナメ2回戦やってる横です。

今回試した技を持つポケモンが結構有名なのかなと思って皆さんに聞いてみたところ、そんなの知らないって言われて割とこれ強いんじゃないのか?と思ったので詳細は公開しません。ただし、非常にハマりました。

決勝トナメ1回戦でこーたくんとフレ戦になってしまいパーティ、技構成、Sライン全てばれていたので辛かったです。
対戦については以上になります。また家に帰ったら編集したり加筆したりします。
読んでくださりありがとうございました。

GSのゲッコウガについて

どうも。今回はGSのゲッコウガについて1つ言います。






































































クッソ弱いです。

GSルールのゲッコウガの型案

f:id:jhonson63920:20160124214351j:image
やぁ、みんな。こんちわー!
今回はGSルールで僕が使っていて、非常に技範囲が広くおそらくメジャーだと思われるゲッコウガの型を晒していくよー!

性格
無邪気
今回のルールはほとんどが両刀、もしくは物理一択になってくると個人的に思います。特殊方面はゼルネアス、特殊ゲンシグラードンの噴火、ゲンシカイオーガなどのポケモンがトップメタである以上、耐久調整がされているのが当たり前だと思います。なので特殊方面の技がダメージを期待できないと思うので物理方面のゲッコウガが強いと思ってます。

調整
実数値  147-138-87-133-81-191 (無邪気6V)
努力値   X  -180- X -76- X -252

A:命の珠ダストシュートでH207-B118のゼルネアスを確定1発
C:あまりです。明確な調整先はないです。
S:最速一択

持ち物
命の珠
ゼルネアスをダストシュートでもってける。

気合の襷
試行回数を稼ぎたいときに。しかし火力が足りなくてあまりオススメはしない。

技構成
まもる
珠、襷を使う以上欲しい技。ガルーラのねこふいで倒されないため。

ダストシュート
ゼルネアスピンポイント。

冷凍ビーム
メガボーマンダ、メガレックウザイベルタルなどに打ち込む。ゲッコウガのメガボーマンダとメガレックウザの上を取るSがある以上採用したい。

ゲンシカイオーガ、ゲンシグラードンに気休め程度の打点。ガルーラの捨て身圏内に入れられる。

ほかの候補として悪の波動などもある。

この調整のゲッコウガは第9回あいオフのGSルールの部で使用したゲッコウガです。広い技範囲を生かして上から打ち込んでいくスタイルは強かったです。