ジョンソンのポケモン三昧

ポケモン関連のブログです。主にダブルバトルになります

JCSお疲れ様でした。使用構築晒します

皆さんお久しぶりです。構築を細かく紹介するのはおそらく全国ダブルのグロリアLCQ以来かと思います。VGC2016の節目でもあるJCSが先日終了し、無事に最終日爆死致したので公開します。
f:id:jhonson63920:20160502223737j:imagef:id:jhonson63920:20160502223758j:imagef:id:jhonson63920:20160502223742j:image
メンツはこの通り、オーガゼルネです。

個体詳細

陽気最速。猫騙しを打てて単体火力に秀でており、ある程度の耐久、技範囲が非常に優秀。またSラインも多くの伝説を相手にできる100族ということで採用。基本先陣を切ってもらう突撃隊長だが、猫騙しのおかげで初ターンにはサポートも行える。

臆病最速。このVGC2016で一番ヘイトを集めた主人。ダークホールこのゆびとまれなどの他ムラっ気による有利としか言いようのない運ゲーをしていく。調子の良かった時はこいつとガルーラだけで相手が全ていなくなるというこれGSルールだよな?と疑いたくなるような試合展開に。クロバットと一緒に初手で出すことで相手が面白いほどにスカーフドーブルを警戒してくれたので追い風した後でダクホを打って優位な展開に持ち込めた。15-2まで行き全国が少し見えるところまで連れてきてくれた立役者。命中、素早さ、回避しかほとんど上がらず強い時しかなかった。

のんき最遅で陽気ガルの捨て身耐えまでBに振ったキノコ。申し訳程度のトリックルームに対するコマ。あまり選出率は高くはなかったが出せた試合では何かとお世話になった。メンタルハーブを持つことでゼルネアスを1度多く守ることができた。ほうしなのはワンチャンを残すため。

臆病最速。H振り。なかなかの耐久に怒りの前歯という重要な技を持つ優秀なサポートポケモン。じつはこのパーティでナットレイに負けたことは一度のみなのはこいつのおかげ。挑発ないのはきつかったが、黒い霧はよくクロバットの前で積んでくる舐め腐ったゼルネアスの処理に役立った。あとグロウパンチしてきたガルーラ黒い霧で火力を元に戻せるのも強かった。

臆病最速。メインロムの方はこんげんのはどうでなく熱湯だったが、サブの方は変更するのを忘れてしまいそのままこんげんのはどうで試合を消化した。臆病の最速なのは、足の遅いカイオーガはうまく使えず、かといってグラードンも扱いが下手だったために最速を続けて使った。グラードンもゴリ押しでどうにかしてしまうこともあり最速個体にしたのは間違ってはいなかった。GSルールはこのポケモンと心中しようとオーガレックを使った時に誓ったので使い続けてたがいい夢を見れた。

臆病最速、メガレックの球ガリョウテンセイ耐えの有名な調整のゼルネアスガルーラの前でも強引にジオコントロールしていく。メタが進んでおり扱いがなかなかピーキーなところがあったがそれでもジオコントロールができる場面を作りやすい構築だったのでほぼ毎試合出せた。積めた試合はほぼ負けない。

物理グラードンがキツすぎる欠陥構築な割にはグラードンにまぁまぁ勝ててた意味がわからない構築。そしてナットレイどうするんだという意見も出てくるオーガゼルネでなぜかナットレイにほとんど負けなかった。

基本選出

初手でドーブルニードルガードしながら追い風をし、安全にダークホールを打ってからゼルネアスにバック、ジオコントロールする選出。主にアローや鋼、エルフーンクロバットなど悪戯心、足の速い挑発持ちのいない構築に対しての選出。初手の制圧力が低いため一度交換を挟み最速起きのリスクを伴ってしまうがゼルネの耐久かわりかし安心できるものだったので積極的に狙っていけた。また、多くの人がなぜかクロバットをスルーしてくれるので追い風を再度展開することも多く、ゼルネを失ってもカイオーガで試合を運べることも多くあった。ナットレイに対しても怒りの前歯2回でダブルダメージフルパワーの潮吹きの圏内に入るのでそんなに苦労した覚えはないです。(一度こんげんのはどうを打たざるを得なかった場面で外したくらい)

対BIG6

ガルーラファイアローガルーラドーブルドーブルゼルネアスボーマンダゼルネアスのどの初手でも何か一つは対抗手段を持てるようにとの初手のクロバットガルーラボーマンダが来た際は黒い霧でこちらのガルーラの威嚇を解除するなどの使い方もあった。クロバットがラムを持っているためスカーフドーブルにも対応できるが、スカーフドーブル+横取りファイアローで追い風を取られた時は泣きたくなった。横取りはいつもよぎるがその並びでそれしてくるとは全く想定していなかったのでかなりのキツさがあった。やはりBIG6は対応力や扱う人によって違う一面を持っているので厳しいものがあった。あと物理グラードンがオーガゼルネにとってきついのは皆さんも知っていると思いますが、うまいことグラードンを誘い出してカイオーガで天候を取らなければ勝ち目はないので非常に神経をすり減らす相手でした。

対グラカイスイッチトリル


マッチングした瞬間に諦めモードになる。特にナットレイドータクンがいるとなおさら。グラードンがこないことを祈りつつカイオーガで潮吹きしてダメージを稼ぐしか勝ち筋がほぼないと言ってもいい。モロバレルのおかげでわりかしなんとかなっていたのはよくわからなかったが、なぜ勝てたのか未だにわかってない試合もチラホラある。

対オーガレック


苦手な構築だが、自身が使っていた経験があるため相手のとる行動をピンポイントで読んでなんとか勝てていた。レックウザが来た場合はゼルネを守らせつつ、追い風を展開。次のターン怒りの前歯でレックウザのタスキを潰してマジカルシャインを打つ。カイオーガの場合怒りの前歯とジオコントロールをするが、どちらも隣次第なところはあるのでその場その場のひらめき。



今年でジャパンカップは3度目でした。一番初めに参加したVGC2014はまだ初めて半年も経っていない頃での参加だったので、今見てもプレイングがかなりお粗末で見るに堪えないです。去年はボーダーラインに手が届きかけており、そこからの連敗で爆死。今年はそもそもルールが俺には難しいものだったので初めから予選を抜ける抜けられないのレベルにいないことはわかっていたのですが、いざやってみたらなぜかボーダーラインに手が届きかけていました。ですが去年も今年も、あと少しのところで勝ちきれないというなんとも悔しい結果に終わってしまい、来年は新作が発売したあとの新環境なので抜けられるように集中力を鍛えていきたいと思います。
ここまで読んでくださりありがとうございました。

















ゲッコウガがいない?
いやだって、このルールだと微妙すぎて扱いにくかったんですもん…

第10回あいオフ ベスト16

第10回あいオフに参加してきました。第1回から2年という記念すべき大会で参加者もレベルが高いなあと思いました。
予選グループはこんな感じでした。f:id:jhonson63920:20160409160621j:image
予選4-2で3位で、その他のグループの3位との勝率によって、3位の中から4人が抜けるというものでした。僕はたまたま人数が少ないグループだったので、他のグループ3位の4-3の人たちとは違い、4-2と少し勝率が高かったので抜けることができました。運勝ちです。

ちなみに予選グループでドーブルを選出した試合は回避上昇と素早上昇しか引かず、強かったです。相手が追い風してる中素早さを4段階あげたのは最強でした。

構築は
オーガレック〜不穏を添えて〜
f:id:jhonson63920:20160409161034j:image

今回は前日の仕事中に思いつき、一度も試運転せずに予選に行くというよくわかんない状態でやりましたが、クロバの個体ミスやら何やらがあって予選の1試合で個体ミスがなければ勝ってたという試合があり非常に悔しいです。
負けた相手はクルーズさん、てんしさんのこのグループの有力候補でどちらかに勝ってればよかったなと思います。ちなみにこれ書いてるのオフ会の決勝トナメ2回戦やってる横です。

今回試した技を持つポケモンが結構有名なのかなと思って皆さんに聞いてみたところ、そんなの知らないって言われて割とこれ強いんじゃないのか?と思ったので詳細は公開しません。ただし、非常にハマりました。

決勝トナメ1回戦でこーたくんとフレ戦になってしまいパーティ、技構成、Sライン全てばれていたので辛かったです。
対戦については以上になります。また家に帰ったら編集したり加筆したりします。
読んでくださりありがとうございました。

GSのゲッコウガについて

どうも。今回はGSのゲッコウガについて1つ言います。






































































クッソ弱いです。

GSルールのゲッコウガの型案

f:id:jhonson63920:20160124214351j:image
やぁ、みんな。こんちわー!
今回はGSルールで僕が使っていて、非常に技範囲が広くおそらくメジャーだと思われるゲッコウガの型を晒していくよー!

性格
無邪気
今回のルールはほとんどが両刀、もしくは物理一択になってくると個人的に思います。特殊方面はゼルネアス、特殊ゲンシグラードンの噴火、ゲンシカイオーガなどのポケモンがトップメタである以上、耐久調整がされているのが当たり前だと思います。なので特殊方面の技がダメージを期待できないと思うので物理方面のゲッコウガが強いと思ってます。

調整
実数値  147-138-87-133-81-191 (無邪気6V)
努力値   X  -180- X -76- X -252

A:命の珠ダストシュートでH207-B118のゼルネアスを確定1発
C:あまりです。明確な調整先はないです。
S:最速一択

持ち物
命の珠
ゼルネアスをダストシュートでもってける。

気合の襷
試行回数を稼ぎたいときに。しかし火力が足りなくてあまりオススメはしない。

技構成
まもる
珠、襷を使う以上欲しい技。ガルーラのねこふいで倒されないため。

ダストシュート
ゼルネアスピンポイント。

冷凍ビーム
メガボーマンダ、メガレックウザイベルタルなどに打ち込む。ゲッコウガのメガボーマンダとメガレックウザの上を取るSがある以上採用したい。

ゲンシカイオーガ、ゲンシグラードンに気休め程度の打点。ガルーラの捨て身圏内に入れられる。

ほかの候補として悪の波動などもある。

この調整のゲッコウガは第9回あいオフのGSルールの部で使用したゲッコウガです。広い技範囲を生かして上から打ち込んでいくスタイルは強かったです。

第九回あいオフ・全国ダブルベスト4 オフレポ

f:id:jhonson63920:20160117012450j:image今回あいオフに参加しました。ルールは全国ダブルとVGC2016GSルール。仰々しく全国ダブルベスト4と書いたが、負けた試合はCASで醜態晒してるので探してみてください。GSのほうは予選で2位3人並んでじゃんけん負けして3位でした。プレミなければ抜けられていた分悔しい。

全国ダブル使用パーティ 
f:id:jhonson63920:20160117012840p:image
直前までパーティを考えていたが、何も決まらず結局いつものパーティを使うことにしたが、1年前初めてあいオフ行った時と同じパーティなのは(パーティ構築能力のない)非力な私を許してくれ…
変更された点はボルトロスの技構成が電磁波からめざめるパワー(氷)になったくらいなので、特に特筆することもないですね。

知り合いのフジくんと9時に岐阜駅に待ち合わせ。その時間に電車乗ればまぁ余裕で間に合うなっと思って余裕ぶっこいて言ったら岐阜駅に車で行く途中に事故が起きてて巻き込まれる。そして9時に間に合わなかった。オフで遅刻するのはさすがに気まづいのでかなり急いだが、電車は急いでくれなかった。結局現地に着いたのは集合時間の10時ぴったり。でもまだ自己紹介もしてなかったし受付をしていたのでホッとしたのは秘密

自己紹介
自己紹介でみんなどんなこと言うのかなーと聞いていた。最後の方だったので色々と考えていたが、結局「きょうは威張るでみんなを笑顔にしてみせます。よろしく」というまぁいたって普通の挨拶になってしまった。みんな色々と言っていたが一番アレだったのはカラメルさんが朝にクソリプを48件送られてきたと言っていたのが一番面白かった。やはりあいオフはカラメルさんにクソリプを飛ばすところから始まるんだね!

そんなこんなで対戦がスタート。僕のグループはみな対戦モチベが高くすぐに消化し終わった。まぁ、同じグループに絶対零度を3回中2回当ててる人とかいたりして、「あぁ、ポケモンしてるなぁ…」って感じがした。まさにe-Sports
最初の試合で3ターン目での交換読み交換を決めて流れに乗れて、3連勝したが予選最終戦、冷静に考えれば安定択のあった有利な状況での択をなにを思ったのか全くおいしくない択をと押そうとして失敗し負けてしまい、結果3-1という結果で一応予選1位通過した。が、ところどころプレイングが甘かったり、雑なところが目立ってしまい昼からの決勝トナメまでに切り替えようと思い、知り合いのふらのんとローソンへ飯を買いに出かける。




Lチキと唐揚げは最高やな!



決勝トナメ
昼休憩後、ついに決勝トナメの組み合わせが決まった。
f:id:jhonson63920:20160117005449j:image
僕の相手は他のグループ1位通過の人でパーティを見たときかなり辛い試合になることが安易に予想ができた。試合の流れは決して悪くはなかったものの、途中ヒードランの熱風がガルーラの急所に入った時に一気に状況が傾いた。そして最後は鉢巻ファイアローと5割ほどのHPのボルトロス。この対面ができてしまった時点で僕の負け。相手が勝ちを確信したからか息をついていた。
俺(あぁー…これもう負けだよな…唯一あるならブレバ急所なんだけどたかが16%だろ?そんなの引けないわなぁ…)
投げやりにタッチパネルを押す

ボルトロスの急所に当たった!
相手「!?!?!?」
俺「いよっしゃぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!」(ボルトロスのHPが0になった瞬間立ち上がり走り回る)
隣で対戦していたしゃなぽけさん「キチガイがいる」

瀑運が発動して一回戦突破。ベスト4に。相手台パンしてたけど本当申し訳ねぇ

そして2回戦はフリューさん。
一回戦と同じようなパーティだがニンフィアがいる分攻撃的な構築で、見せ合い画面で読みを間違えると一気に行かれると言ったような印象をもった。
試合序盤から中盤はほぼこちらのペースで大きなミスもなく試合を運べた。ラストはクレセリアだと思っていたが出てきたのは


ボルトロス「やぁ👋^^」
俺「おまえかいいいいい!!!」
そしてここからいつものダブルバトル、要はボルト式猫騙しを食らって負けが決まった。相手はHP3割弱のボルトロスと身代わりを一回貼ったヒードランでこちらはゲッコウガ。僕のゲッコウガヒードランの大地を2耐えするので有利な盤面だったはずなのだが、痺れてしまったおかげでゲームセット(さらに大地の力を急所にもらうおまけ付き)
三位決定戦に回ることに。
そして問題の三位決定戦である。パーティを見た時にトリトドンがいたため、草結びをもっているボルトロスゲッコウガのどちらかは選出したいなと思い、いろいろ相手のパーティを考えてたら処理ルートを増やす目的で両選出をしたほうがいいと思い両選出をする。あとの2匹はあらかじめ決まっていたためどの順番で出すか決めかねていた。そして、もう自分でもわけがわからなくなった結果


壮絶な出し負けをする


この時点でもう白眼を剥いていた。この不利対面をなんとかするには、強気に行くしかねぇ!とばかりに動かしていく俺。結果安定行動を取られ、デスヨネーみたいな展開に。ただ、ガルーラが猫だましとまもるを両立しているのには完全にやられてしまった。あとはCASの通りトリックルームを張られ好き勝手暴れられて試合終了。とんでもない醜態を晒してしまった。今にして思えば、こっちの安定行動で相手の安定行動を潰していく、がコンセプトのパーティなのに、冒険したプレイングをして負けの方向に勝手に転がっていったのであんなことしなけりゃ良かったと思います。猛省
あとCASの録画見たが俺の声が入りすぎてて正直うるさかった。ごめんね★


そしてGSの予選
全国ダブルの予選とは打って変わって無言の対戦。それだけみんな慣れないルールでいかに勝つか真剣に試合をしていたからだろう。かくいう僕もそうでした。GSの予選は2連敗という最悪のスタートをきってしまいました。今にして思えば初戦は選出ミス、2戦目コナタンさん戦に関しては疲れからか、ごみくずプレイングをしてしまい、プレイングミスで負けるという阿保かという負け方でした。
具体的には
相手
メガゲン            死にかけのゲンシグラ

こちら
HP満タンのメガマンダ    ゲッコウガ

当然メガゲンが出てきた1ターン目は相手が両まもる。問題はその次だ。
普通みなさんならこう思うだろう
(メガゲンガーが金縛りが無いはずがない。ここはマンダも、ゲッコウガも、さっきのターンと別の技を打つべき)と
しかしその時の僕は
(あぁ^〜これ勝ったわー)と余裕をぶっこいて同じ技を選択。そして決定を押したあとに
(あっメガゲンガーの金縛りあるやん!やばいやばいやばい(以下エンドレス))と気がつきやっとちまった感をひしひしと感じていた
まぁ、案の定金縛りされて負けたよね。クソプレイングですわ本当
そんかこんなでGSの予選は3-2、そしてなんと、コナタンさんと全国ダブルの優勝者、はかたるびーと同率で並び、また直接対決の結果が3すくみという状況に
そして、仁義なきじゃんけんが始まるん!

結果





予選グループ2位抜け
はかたるびー

俺「くっそぉぉぉぉぉぉ!!!」
かなり悔しかった。GSのプレイングをもっと磨こうと思いました。(小並感)


その後は遊戯王したりしてたのでオフレポを終わります。










そのあと知り合いと焼肉行ったよ★f:id:jhonson63920:20160117012445j:imagef:id:jhonson63920:20160117012450j:image

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
f:id:jhonson63920:20160117012536j:imagef:id:jhonson63920:20160117012613j:imagef:id:jhonson63920:20160117012548j:image


VGC2016、個人的な一般メガシンカ枠考察

初めましてのひとは初めまして、お久しぶりな方はお久しぶりでーす。ジョンソンです。
今回は先日発表されたWCS2016の公式ルール、GSダブルにおいての一般枠のポケモンで、個人的に強そうだなと思うメガシンカするポケモンをピックアップしていきたいと思います。

あくまで個人的な意見です。


f:id:jhonson63920:20151221223751p:image
各種レートルールでも猛威を振るう文句無しのトップメガシンカポケモン。GSルールにおいて伝説ポケモンがいる中でも遜色なく戦うことができる。レックウザとともに採用し2メガでレックウザが進化する、しないといったスイッチ構築も稀に見かけるが大きな利点はねこだまし、多くの伝説ポケモンの上から殴れる素早さ、ふいうちの存在である。ゼルネアスと組んでダブルトリプルでのガルーラニンフィアのようなねこだましマジカルシャインかジオコントロールといった動きなど、やることがわかりやすいがそれでも強いといった王道の戦術がシンプルかつ強力。採用するなら最速で採用したい感じはする。また、ドーブルと組むことが全国ダブルよりも多いように感じる。

f:id:jhonson63920:20151221224721p:image
メガシンカ前が威嚇、メガシンカするとS120族、スカイスキンと恵まれた特性と種族値を持つポケモン。メガレックウザの上から流星群を打て、威嚇もできる点から対レックウザの性能は高い。また、グラードン側からの有効打も少ないためメガ枠を使う意味は十分にあると思う。追い風も採用圏内で僕が使っているメガボーマンダはまもる、捨て身タックル、流星群、追い風という技構成になっている。炎技である火炎放射、大文字やグラードンに有効である地震なども採用してもいいかもしれない。

3 ゲンガー
f:id:jhonson63920:20151221225914j:image
ピンで入っていることはほとんどないがエルフーンと組んでいることが多い。ゼルネアスに強い点が魅力的でエルフーンゲンガーのロックはこのルールでもその強さは健在。アンコール金縛りのパターンと嘘泣きシャドーボール、ヘドロ爆弾のパターンもあり相手をしていて無茶苦茶めんどくさい部類。メガゲンガー単体の評価というよりは隣にいるエルフーンとのセットでの評価が高い。滅びもたまに見かけるためゴチルゼルと組んでることもある。エルフーンと組んでもゴチルゼルと組んでもどちらにしても面倒くさいことには変わりがない。ほんとS130のC170、ある程度の耐久に特性影踏みとか面倒くさすぎる…

f:id:jhonson63920:20151221230717p:image
メガシンカ前がボーマンダど同じ威嚇、メガシンカ後力持ちの鋼、フェアリータイプという優秀な耐性を持つポケモン。Sが遅いためスタンダードな構築には採用をためらってしまうがトリックルーム構築には積極的に採用したい。悪、フェアリー、鋼という広範囲上に高火力の打点を持つことが非常に魅力的でゼルネアスに強く、トリックルームすることで伝説ポケモンの下から殴ることができ、ふいうちも持ってるのか面倒くさい。一般枠で採用されるポケモンにも強い。

f:id:jhonson63920:20151221231627j:image
伝説枠以外にある程度強くでれて、ゼルネアスに強く、炎技や地震を採用していないメガレックウザにも強い。その他に強い点はこれといって思いつかないが一定数見かけるし処理にたまーに困ってしまうことがある。ゲンシカイキ組にはあまり強くないので採用するならそれなりにゲンシカイキ組に強いパーティにしなければならない。


以上、個人的にGSルールでの対戦を少しやってみて強いなーと感じた一般枠でのメガ枠です。
次回は一般枠でのメガシンカ以外でのポケモンをピックアップしていきたいと思います。
今回はこの辺で失礼します、ここまで読んでいただきありがとうございました。



闇の世界の生物、スカーフゲッコウガ


f:id:jhonson63920:20151010195023j:image
はいどーも、ジョンソンです。今回はもう一年以上使ってるスカーフゲッコウガァの大まかな調整目安、大まかな運用方法と注意点を書きます。育成論ではないのでご了承ください。
ダブルバトルでの記事となります

調整
完全特殊一本型
性格:控えめ
H:実数値159(16n-1。バンドリュが増えた時に無振りから変更)
B:あまり。アローのブレバは耐える
C:ぶっぱ
S:最速ランドロス抜き
技構成
ハイドロポンプ(熱湯)/あくのはどう/草結び/れいとうビーム/めざめるパワー(炎)
上記からパーティに合わせ選択

補足
ハイドロポンプと熱湯が選択になってるのは、僕のようにハイドロポンプを信用していない人は熱湯で命中安定を求めた方がいいからです。ぶっちゃけいえばハイドロカノンでもいい

両刀型
控えめ
調整は先ほどと同じ。技構成も選択肢にダストシュートが入っただけ

補足
AVであれば無振りでもニンフィアがダストシュートで落とせる可能性が高い。

やんちゃ(耐久下げたくなかったので僕はいじっぱりにしてた)
調整
H、B、S調整は同様。
Cはれいとうビームランドロスを倒せる程度、残りA
技構成
けたぐり/ダストシュート/岩雪崩(うちおとす、岩石封じ)/れいとうビーム/ハイドロポンプ/あくのはどう
上記から選択

補足
こればかりは熱湯よりもハイドロポンプの方が優先です。CよりもAに重視してるので火力が足りません。あと物理技メインで採用してしまうとランドロス以外の威嚇に何もできなくなってしまうため注意が必要

物理一本型
考察段階できつい相手が多すぎたためボツ


確かこんな感じです。

運用方法

まず選出画面ですが、相手のパーティを確認してゲッコウガの技の通りを確認します。もしこの時相手のパーティが「ボルトロスモロバレルランドロスヒードラン」のように1つの技が2体以上に役割がある場合は躊躇いなく先発させます。(先ほどの例では冷凍ビームでボルトロスランドロスモロバレルに通り、熱湯がヒードランランドロスに通ります)
そのほかで先発を任せる時は初手でこられた場合初手でゲッコウガを投げないと処理が間に合わない時(例えばガルーラゲッコウガで集中をかけるしか優位にことを運べなさそう場合)もありますがこの時は不利対面をしっかりと選出画面の時に考え、それをケアできるように引き先を選出します。

後発のフィニッシャー運用
ゲッコウガの技範囲の広さを殺してまでタイプ一致抜群を上から突く、というのがこのポケモンの短所です。そのためこだわる技は慎重にならざるを得ないため初めて使うならこだわる技も決めやすい最終場面でのフィニッシャーでしよう。この運用する時は何とゲッコウガを対面させれば必ず勝てるのかを考え、そいつ以外のポケモンをとにかく倒し、うまく1対1の最終対面を作ることにあります。先発運用と比べると比較的楽な運用ができ、シンプルに強いかと思います。

試合中に心がけることはゲッコウガの技の通りのいい技を重視してこだわるところ、こいつを確実に倒せると踏んだ時にゲッコウガを切り捨て、確実に倒しに行く場面の見分けです。ゲッコウガは火力が痒いところに手が届かないみたいな感じで微妙に足りないことも多いです。なのでほかのポケモンの技で圏内に入れてあげると非常に楽になります。(例:猫騙しや電光石火など。ダメージが少なくても圏内に入ることは多いです)

最後に
このスカーフゲッコウガというポケモンはどのパーティに入れても強いのか、と言われるとそうではありません。その点を踏まえて回してみて、パーティに合わなければ試行錯誤しましょう。Twitterにてスカーフゲッコウガの運用方法など質問等受け付けていますのでFF外からでも気軽にどうぞー

Twitterアカウント
@jhonson_639

でわでわお疲れ様ー